TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< 書庫たんブログ : main : 日曜日はTOEICを受けてきました。 >>

TITLE : 視覚の体操

土曜日は珍しく休日らしい休日。

午前中は研究室に行き、
午後から、金沢21世紀美術館の川崎和男展へ。



21世紀美術館に、もう10回くらい行ったが、どうも好きになれないことがわかった。
やっぱり美術館よりも博物館ないし、博物館的な美術館の方が好きだということだ。

千夜千冊の「デザイナーは喧嘩師であれ」の書評の方がよっぽど面白い。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0924.html

その後、金沢シネモンドで「時をかける少女」の舞台挨拶付き上映会へ。



今年見た映画の中では一番面白かった。
初めて、映画が終わった後の拍手を聞いた気がする。
アニメの「アニメーションである部分」を上手く取り入れている。
国民的アニメーションってこんな感じなのか、と
エラい不評の「ゲド戦記」と比較して考えてしまう。

監督の細田守は演出家として有名で「ハウルの動く城」を途中まで監督していた。
「時をかける少女」は「魔女の宅急便」に通じる国民的爽やかさがある。

こういうポップスター的な映画監督が今後、増えてくれるといいなぁ、と。

そして、最後に恒例の本屋へ。
今月のSTUDIO VOICEは秀逸だなぁ。



YouTubeはFlashやVJのハード・ソフトが普及するともっと面白いことになる。
それが映像表現の未来だということだ。

本書の中にも書かれていたけれど、

京都アニメーションに注目しろ!とのこと。

京都アニメーションといえば、
今、流行している「涼宮ハルヒの憂鬱」であるわけだけど
あれだけB級のアニメにとんでもない技術力を注いでしまう
日本のクリエーターの水準はまだまだ捨てたものではない、と思った。

そんで、まぁ、土曜日の夜は「電車男DX」をやってたから見てしまったわけ。
この日のブログだけ見たら完全にアキバ系ですな。

そしたら、大学の友人がエキストラで出演してたので、
「おぉ、頑張ってるなぁ」と感心。

余談だけど、最近のクリエーターの課題って
いかにB級の作品を作るか、そんなところに落ちているのではないかと思う。
「木更津キャッツアイ」とか「電車男」とか見るとね。
posted by Kohei Ishikawa  [ 認知科学 ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

Comments

 
 
 


 

Trackback   [ http://kohei.jugem.cc/trackback/507 ]