TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< 500年はもつテーマ : main : 『この闘いが終わったら放浪の旅に出よう。』 >>

TITLE : 選択可能な未来

中間発表も無事終わり、再び一段落。
でも、次なる課題があるのねん。

恐らく、社会人になる上で一番重要なことは、
働きながら学ばないといけないところ。

「勉強になりました」では済まされない現状がある。

世の中には与えられた物事をこなすことしかできない不器用な人がいる。
いや、むしろ与えられたことをこなすことができれば、
他から見たら100点満点なのだが。

でも、僕は完全にわがまま放題の人間なので、
博士後期過程に行きたいとか海外に行きたいとか、
システムの仕事に携わりたいとか、セレブになりたいとか、
欲深い人間だとつくづく思う。

なんとなく、衝動的に博士後期過程の資料を集めてみた。
すると、意外とかかるお金が少なかったりとか、
推薦がいらなかったりとか、色んなことに気づいたりする。
恐らく、今の実績だったら、合格はするだろうけど、
その後、3年キチンと博士号を取得して、教授になるってことは
たぶん程遠いんだろう、と。

やはり社会人入学枠で働きながら、
5年くらいかけて、しかも奨学金付で取得するのが、理想だ。

学部の頃、一発奮起で大学院を目指して、
膨大な借金をしてまで、ここまで来たけれど、今はあまり後悔はない。

正直、この2年間は学部で4年以上に相当する濃い生活であった、と思う。
posted by Kohei Ishikawa  [ 組織科学 ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

Comments

 
 
 


 

Trackback   [ http://kohei.jugem.cc/trackback/493 ]