TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< コンピテンシーについて考える。 : main : 政策の海原へ >>

TITLE : 技術経営手法のための統合科学技術コース



久しぶりに実のある?話を聞いてきました。

技術を経営することなんてできるんでしょうか・・・ね。



金沢市内で社会人向けの実践的な技術経営手法
「統合科学技術コース」を新設地域産業界の人材育成への貢献を目指す
1)知識科学の中の科学技術経営(MOST)
   (注)MOST=Management of Science and Technology
「技術の分かる経営者、経営の分かる技術者」の育成を目的に、
企業経営論、研究開発マネジメント論、戦略的 技術マネジメント論、
技術経営(MOT)改革の実践論等の講義科目。

2)ナノマテリアル等に関する材料科学の最先端技術
新しい研究技術分野、重点領域、産業動向を踏まえて、
企業の新規研究技術開発、製品開発等に役立つように、
ナノ材料、バイオ、半導体デバイス等に加えて、
本学が所有する最先端分析装置の理論と応用等の講義科目。


そういえば、どこかの企業の経営理念が


「最高水準」


だったそうです。

最高水準ってわかりやすいですよね
ナンバーワンになれ、と。
常に頭で最高水準と唱えるそうです。

最近、増えてますよね。こういうの。

「環境共生」「相互尊重」とか。

でも、コトバだけの経営理念ではなく、
具体的な実践、実行があってこその理念であると思います。

余談ですが横→にある「ドラゴン桜」というマンガの中で
高校の経営を立て直す際に「1年後に東大100人合格」という
目標を立てます。

それにある教師が反論をして
「もっと自由と人間性にあふれた大学作りをするべきだ」と言います。

しかし、それに対して主人公の桜木は
「自由とは何だ?人間性とは何だ?具体的に説明してみろ」
という反論し、教師は何も言えなくなるシーンがあります。

僕がすごいな、と思う日本の政策に
「所得倍増計画」というのがあります。
実に端的で国民を鼓舞した政策ではないでしょうか。
posted by Kohei Ishikawa  [ 組織心理学 ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

Comments

 
 
 


 

Trackback   [ http://kohei.jugem.cc/trackback/367 ]