TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< マスターベーションはマストなのである。 : main : コミュニケーション能力の退化から克服するには >>

TITLE : ボランティアとは「自己満足」ではなく「自己完結」である。




僕は「ボランティア」をしたつもりで、
逆に「おせっかいだ」と言われたことがある。

よく環境問題に取り組んでいる人でありがちなのが
一部の「○○を守る会」「△△を救う会」等は
一見、やりたいことをやってるように見えて
○○や△△の立場からしたら、とても迷惑だったりすることがある。

ボランティア=無償という表現から「無責任」になりがちなのである。

そして、ボランティア「してやる」と人は思いがちであり
相手を見下したような表現をしてしまいがちである。

また僕は
「無責任なボランティア」を繰り返し
信頼を失ってしまったこともある。

だから、つくづくボランティアのあり方について考えることがある。

ただ、言えることはボランティアは「尊大なこと」ではない。
また「自己満足」であってはいけない。

「自己完結」なのだ。
他人を満足させることで、自分で完結する。
自分で完結できなかったら自分の責任だ。

今回の新潟での地震でも多くのボランティアの方が動くだろう。
でも、新潟の人々の「こころ」と「生活」に足を踏み入れるということを
わきまえた上で行動をしてもらいたい。

僕が今、ボランティアできるのはこんなことを言うことだけだ。
posted by Kohei Ishikawa  [ リーダーシップ論 ]  comments(1) trackbacks(0)

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

Comments

 石川サンの意見、まったくそう思います。以前、福井あたりの日本海に重油が漂着して大騒ぎになったことがありました。そしておくのボランティアが現地に行きました。しかし「何をやりましょうか?」と尋ねたボランティアがいたそうです。気持ちはあっても形にならないんじゃあ意味ありませんね。

 
posted by 神戸雄一  at 2004/11/02 3:26 PM
 
 
 


 

Trackback   [ http://kohei.jugem.cc/trackback/238 ]