TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< Mind of the strategist : main : 悶々とする日々〜モチベーションを維持する方法〜 >>

TITLE : イノベーターの責任

今日は、風邪が長引き授業に行けなかった・・・。残念!
はじめて読むドラッカー
はじめて読むドラッカー
P.F. ドラッカー, Peter F. Drucker, 上田 惇生

卒論に向けての文献調査をしていると
気になるところがあったのでブログする。
そもそも「ログ」って足跡っていうことだから、
自分の調査の足跡を
こうやってブログに書き込むのが正論かも知れない。

イノベーターの条件はドラッカーさんの書籍の中でも
比較的社会ベースで書かれていて、
社会生態学者臭さがたっぷり出ている。

面白かったのは Part4の「問われる知識と教育」

ドラッカーさん曰く、
「知識ある者は倫理的な価値判断をすることを義務づける」
らしい。

ここから読み取れるのは、
知識の量=貨幣の量ではない。ということ。

確かに、シムシティをやっていると
巨大資本を借り入れたところで、都市の知識レベルは上がらない。

都市が痴呆症状態なわけです。

あげくの果てに、
ケチャップとマスタードの見分けがつかない、
というシュールな表現がされる。

じゃあ、過剰投資をしたところで、
教育なんて1,2年で変化するものじゃないから
10年後、20年後を見通した上で政策を立てないと行けない。
医療と同等に教育は金食い虫である。
しかし、都市の未来を作るのは教育である、と言い切れる。

じゃあ、逆に金回りがいい都市形成をしたところで
20年に一回は恐慌が訪れてしまう。
金が回っても、
犯罪から身を守る安全性、
未来を作る教育レベル、
高齢者が生きる福祉レベルを維持しないと全く意味がない。

話を戻すと、
政治家や医者など、
社会的に知識を権力を持つとされている者達は
倫理的な判断を行わなければならない、と。

特に、社会的に「悪」とされることを
「気づかずやっていた」なんてことがよくあるわけであるから
もはや政治家なども知識がある者とは
言い切れない時代なのかも知れない。

大学教育にしても、大半の人間が
学校で勉強するのは22,3歳までだった時代が
これからは時代の流れと並んで
継続的に勉強していく時代になっていく。

知識あるものもすぐ陳腐化する。

結局、何か行動を起こして勉強をしなければ、何も得られないんだろうな。
ドラッカー曰く、学問における境界線がなくなっていくという。
知識を武装しなければ、社会的弱者になる。
なんちゅう厳しい時代なんだろう。
posted by Kohei Ishikawa  [ 知識科学 ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

Comments

 
 
 


 

Trackback   [ http://kohei.jugem.cc/trackback/221 ]