TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -
<< 必要を超えた「学び」 : main : 「VOYAGER」の海図となる書籍 >>

TITLE : 僕らは結局、「振動」で生きてる



僕らは結局、「振動」で生きてる。

心臓の振動。鼓膜の振動。肺の振動。横隔膜の振動。

携帯電話の振動で着信を知る。
スピーカーの振動で音楽を楽しむ。

大きな音の振動で驚く。
キレイな音の振動で楽しくなる。

面白いことを聞くと、脳が呼吸を荒くするようにと信号を出す。

携帯電話や、パソコンが人間に例えられるのも振動しているから

振動がなくなったら、こう言う。

「パソコンが死んだ」
「携帯が死んだ」

振動は「生きる」という意味を表す。

つまらないお経のような授業には音の振動がない。
お経を聴いていたら、誰でも眠くなる。

目覚し時計の音の激しい振動があるから、朝起きれる。

快い振動が人間の生活を一転させている。

ギターを弾いてたらそう思った。
posted by Kohei Ishikawa  [ 認知科学 ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

Comments

 
 
 


 

Trackback   [ http://kohei.jugem.cc/trackback/197 ]