TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク  [ - ]  - -

TITLE : なぜ、言葉遊びに陥るのか。

今日のテーマは
「なぜ、言葉遊びに陥るのか」である。

こんな言葉を聞いたことがないだろうか。

競争社会を促すのではなく「協調」社会にするべきだ。

いじめの本質は「いじり」にある。

ゆとり教育は「ゆるみ」教育だ。  

といった例である。

これらは言葉を巧みに利用することで、
何かわかったつもりにさせているが、実は中身がない。

そもそも、その言葉を発し、問題の本質を特定したところで、
あまり議論に進展がないことも容易に理解できると思う。

また、議論の中身を理解しないまま、言葉を失い、
「まぁ、備えあれば憂いなしって言うしな」
「来年のことを言うと、鬼が笑うって言うじゃないですか」等と
故事成語やことわざを用いることで、その場を乗り切ってしまう人もいる。

これらは
全て、冷静かつ客観的でハードな議論を回避するための「逃げ」の手段に過ぎない。
特に、冷静かつハードな議論においては
「タフ」な論理武装を行わなければならないのに
丸腰で議論に入ってくる人が多すぎるように感じる。

議論に負ければ、また自分の論理的な不備がわかって、大儲けであるわけだし、
議論に勝てば、自らの議論の経験として、それらは功績となるだろう。

一方でよく日本人は議論を避け、物事をあいまいにする傾向があると言われている。

ぶしつけに日本人論を掲げるつもりはないが、
日本人が議論が苦手な要素の一つに
「科学的で客観性を持つ議論を行うトレーニングを受けていない」
という点が挙げられる。

日本の初等教育段階において、
相手との議論の作法を教わった者はまずいないであろう。

相手との議論の作法を学んだ者が、全て自己流での作法で
コミュニケーションを取ることが、言葉遊びに陥ってしまう原因である。

言葉遊びをすることで、異なる流派の議論の作法を学んだ者が、
一つの論旨を組める、というのは良い点であるといえる。
しかしながら、そこで議論が終わってしまうのは、最大の欠点であるといえよう。

そこで、言葉遊びに陥らないための方法としては、
議論する相手と議論の作法を共有することが最も有効な解決策であると考える。

大袈裟ではあるが、議論の作法を共有していない人とは
議論はできないと言っても過言ではない。

そして、断定的な発言をする人、
言葉遊びで言いくるめる人に限って、
客観的かつ論理的な思考ができない。

私の経験では
「常識だ」「普通は」という言葉を繰り返す人、
また、すぐに黙り込んでしまう人は、
必ずと言っていいほど、議論する能力が弱い。

私はそういう状態に危機感を覚える。
なぜなら、自分の考えを研ぎ澄ます可能性を削いでしまっているからだ。
議論に対する技術がないため、言葉を短く、短絡的にすることで
議論する経験を避けるという「逃げ」の手段を覚えていると言うことになる。

英語で言うなら I can't speak English と話す日本人と同じだ。
そんな言葉覚えるくらいなら、話すための単語を一つでも覚えるべきだ。

こう言った心理から「言葉遊び」は生まれる。

この危機感を読者の方にも共有していただければ幸いである。
posted by Kohei Ishikawa  [ 教育学 ]  - -

TITLE : 久々のヒットした本

働く過剰 大人のための若者読本
働く過剰 大人のための若者読本
玄田 有史

玄田氏の書に久々に共感。

最近、売れ筋の本ばかり書いていたので
どうしたのだろうと思っていたけれど、
まだこのような思想が残っておられたのですね!教祖!

「ニート」
「即戦力」
「コミュニケーション能力」
「自己実現」
「過重労働」という言葉は社会人が日本経済が生み出した弊害を
本質的には分析せず、使い出した言葉・・・のようなことを言っている。

つまり、「ニート」が受け入れられたのも
働かない大学生に「そんなんだとニートになるよ」と煽り立て
体裁のために働かせているので、本質的な問題解決になっていない。

「即戦力」を求めます・・・というくだりも
企業が新卒を教育する機会を放棄している。

そして、コミュニケーション能力のない人間が
「コミュニケーション能力のある人材」を求める、とうたい、
「我が社に入れば自己実現ができる」とうそぶく。

そして、よくわからないまま過剰労働させられ
新卒は失望し、退社。第二新卒へ。
そして、リクナビNEXTに登録するのだ。

本質的問題は何でしょうか。
日本型雇用システムの崩壊、再構築していく中での
過渡期なんでしょうかね。

僕と同期の人も何人か辞めてるなぁ・・・。
posted by Kohei Ishikawa  [ 教育学 ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : 「教育」という名の「暴力」

最近、もっぱら「教育」とは何か。「教師」とは何か。が気になります。
また「親」とは何か。「子」とは何か。も同時にです。

一昨日、カフェで話していたのですが男子校と女子校の話。
僕は男子校で友人は女子校だったのですが
これらは「男/女性であること」という
アイデンティティを埋め込む教育をしている場合が多い。

つまり、僕の場合だったら「男性」であり
紳士的な生き方を教育されており、
女性は「女性」として扱うこと、として教え込まれる。

例えば、
「女性が重い荷物を持っていたら、持って上げましょう」という紳士作法。

これもそうだが、恐らく「女性らしい」人にこういうことをすると
「何て親切な人なんだろう」と思ってもらえる。
なぜなら、淑女教育を受けているから。

でも、そういう教育を受けていなかったら
「なんだ、こいつは」と避けられてしまうこともある。

ジェンダーとかフェミニズムのことはよくわからないけれど、
性別を性別として教育しないことは少し支障が出ると思う。

だから、僕の見解では
男子校、女子校出身者で話をしていたほうが
日本男子、日本女子として教育を受けていたのだから
シンプルで気が楽なのである。

でも、国際的な大学に来て、それを覆された。
高校で学んだ常識は全て水の泡になってしまったわけである。

時間の感じ方、味覚、視力、運動神経、音感など
自分が信じていた価値観などは
ほんのちっぽけな指標にすぎない、そう思うようになった。

ただ、また実社会に戻ると現実が目の前にあるわけで、
果たして今、受けている教育が「暴力」となるか「恩恵」となるかは
まさに自分次第なのである。

あんな教育受けるんじゃなかったとは絶対に言いたくはない。

教育とは「価値観の整理」だと思っている。
何が大切で、何が大切じゃない、と整理すること。

大切なものをわざわざ知ったのだからその世界観で生きるしかない。
だから「人の価値観が理解できても、賛同、協同はできない」と人は言う。

なぜなら、
自分が受けてきた教育を真っ向から否定することができないからだ。

確かに、自分が受けてきた教育が
何の意味も成さなかったとしたら正直、怖い。

しかし、本質的には教育は意味を持たない。
逆に、得するから、即戦力なるからと言って教育を受けたら
結果、意味を成さなかったときに教育そのものを責めるだけになる。

今日も教育は何のためにあるのかみたいな話を友人としていて、
「早期人材育成とか言うけど、結局即席ラーメンみたいなもんじゃない?
 美味いし、カロリーもあるけど、本当に組織にとって栄養あるのか?」
みたいな話になった。

結局、
教育を「お金」とか「時間」でしか見れないのは
浅はかな考えであると思う。

一昔前までは
大学を出たら一生教育機関にお世話にならない、というのが
社会的通念であったが、これからは
生涯教育を一生、たくさんの学校を渡り歩く時代が来るだろう。

そういった中で、友に学ぶ仲間、尊敬できる教師、
自らの教育によって得た文化、価値観に革新を与えてくれる要素に
どれだけ出会えるかが、生きていく中で鍵になってくるはずだ。
posted by Kohei Ishikawa  [ 教育学 ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : 父親が子供するべき仕事は文化を伝えることである。

父親が子供するべき仕事は文化を伝えることである。

と誰かが言っていた。誰が言ったかは忘れた。

最近、知り合いのサークルが傾きかけていて、
下級生がどんどん辞めていき、
サークルそのものの存続が危ぶまれる状況が生まれているらしい。

こんなことはよくある話で
会社でもどんどん新入社員が辞めていく、なんてこともよくある。

仕事では部下が話を聞いてくれない、とか
家庭でも子供が言うことを聞かない、なんてことは
ずいぶんと昔からあることだと思う。

家庭におけるリーダー=父親と思っている僕としては
リーダーの最大の役目は次世代のリーダーを育成すること、だと思う。

仮にリーダーがどんなにむちゃくちゃなことをやろうとしても
次世代のリーダーさえ輩出すれば、組織は存続し続ける。

家族も同じで、父親の文化を子供が継承してこそ、
その一族が長く続くのである。

だから、リーダーがどんな輝かしい功績を残そうとも
次世代のリーダーが大変な失敗を犯してしまったら
そのリーダーの功績にも大きく傷がつく。

かのGEやSONYでも次世代のリーダーをどうやって育成するかを
必死になって頭をひねることはリーダーが引退をほのめかし始めた頃には
組織における至上の問題として取り扱わなければならない。

文化を伝えなければ文化は途絶える。

こんな当たり前の教訓に誰もが苦しみ
今も多くの組織が解体し続けている。
posted by Kohei Ishikawa  [ 教育学 ]  comments(1) trackbacks(0)

TITLE : 少しくらい背伸びしないと成長しない byモンテ・カセム

就職活動に関する「ビジネス理解」という授業で
モンテ・カセム学長が言っていたこと。

「少しくらい背伸びしないと成長しないんですよ」

「背伸び」

これって大事だと思う。
よく背比べを友達とする冗談交じりにする背伸び。
あいつには負けたくない。もっと成長したい。と思う気持ち。

サザンオールスターズの「ミスブランニューデイ」という歌で
「慣れない場所で背伸び All right 粋な努力をタダで売る」
という歌詞がある。

この歌は、東京という社会に溶け込もうとする女性像を歌っているんだけど
モンテ・カセム学長の話を聞いて、
「あ〜 この人も背伸びして大学に来たのか」ということに気づいた。

昔、塾の先生が
「行ける大学に入ったら、行ける会社、行けるポストに入って、
妥協の連続の人生になってしまう。
だから意地でも行きたい大学に行け」

と行っていたっけ。

勝ちのために夢見る背伸びができない人間は
恐らく現状に満足して平凡な毎日を送ってしまうのだろう。
posted by Kohei Ishikawa  [ 教育学 ]  comments(0) trackbacks(0)